屋根・外壁・雨樋の修理の補修
雨漏り診断や修繕・改修工事

東村山、東大和、小平、国分寺、西東京、東久留米、清瀬、新座、所沢を拠点に東京・埼玉に対応中!

  • 屋根専門の職人に直接相談
  • 職人さんに工事依頼ができるので、仲介料不要
  • 屋根の国家資格所有の職人がしっかり点検
  • 地域密着型の屋根屋さんなので迅速対応

0120-945-251

年中無休 24時間受付中

屋根専門の職人に直接相談

職人さんに工事依頼ができるので、仲介料不要

屋根の国家資格所有の職人がしっかり点検

地域密着型の屋根屋さんなので迅速対応

Instagramのアイコン

twitterのアイコン

facebookのアイコン

youtubeのアイコン

じもと屋根修理 運営会社:株式会社ウチノ板金

0120-945-251

年中無休 24時間受付中

コロニアル屋根から新規コロニアル屋根へのリフォーム

コロニアル屋根から新規コロニアル屋根へのリフォーム

コロニアル屋根から新規コロニアル屋根へのリフォーム1

古いコロニアル屋根材を撤去し新しいコロニアル材を貼り直す工事の写真になります。

コロニアルは屋根材としてロングセラー商品として現在新築物件でも多く使われており日本の気候風土に適している屋根材として評されています。

コロニアル屋根から新規コロニアル屋根へのリフォーム2

既存のコロニアルを剥がすと下葺き材がでてきます。

この上に構造用合板(針葉樹合板)を打ち付け下地をしっかり強くします。

コロニアル屋根から新規コロニアル屋根へのリフォーム3

構造用合板(針葉樹合板)の上に新しく下葺き材を貼ります。
下葺き材はPカラーを使用しました。

コロニアル屋根から新規コロニアル屋根へのリフォーム4

後に新規のコロニアルを貼り板金の棟板を取り付けて工事が完了になます。

コロニアルは一枚一枚の屋根材を専用のクギでしっかり固定する独自の工法で、強風による屋根材の飛散やズレ、さらに地震の強い揺れによる屋根材の落下、ズレも防ぎます。

費用:お問い合わせください

※屋根の形状・勾配・周辺環境によって変動いたします。

事例1

事例1 before

before→after

事例1 after

  • お客様の声
  • 屋根リフォームの流れ
  • ドローン点検はじめました!
  • FAQ
  • 悪徳訪問販売業者が増えています
  • LINEで簡単に相談ができます!
屋根のことなら何でもお気軽にご相談ください

屋根のことなら何でも
お気軽にご相談ください

0120-945-251
メールでのお問い合わせ
LINE@はじめました

ページトップ
Pagetop

電話をする

メールでお問い合わせ

LINEで予約