屋根・外壁・雨樋の修理の補修
雨漏り診断や修繕・改修工事

東村山、東大和、小平、国分寺、西東京、東久留米、清瀬、新座、所沢を拠点に東京・埼玉に対応中!

  • 屋根専門の職人に直接相談
  • 職人さんに工事依頼ができるので、仲介料不要
  • 屋根の国家資格所有の職人がしっかり点検
  • 地域密着型の屋根屋さんなので迅速対応

0120-945-251

年中無休 24時間受付中

屋根専門の職人に直接相談

職人さんに工事依頼ができるので、仲介料不要

屋根の国家資格所有の職人がしっかり点検

地域密着型の屋根屋さんなので迅速対応

Instagramのアイコン

twitterのアイコン

facebookのアイコン

youtubeのアイコン

じもと屋根修理 運営会社:株式会社ウチノ板金

0120-945-251

年中無休 24時間受付中

瓦棒屋根から新規瓦棒屋根へのリフォーム

瓦棒屋根から新規瓦棒屋根へのリフォーム

瓦棒屋根から新規瓦棒屋根へのリフォーム1

古くサビつき雨漏りもしている瓦棒屋根を新規の瓦棒屋根にするリフォーム工事になります。
瓦棒屋根は455㎜間隔に板金材を木材の角棒(桟木、垂木または心木)に沿わせて立ち上げ板金材をかぶせ固定します。

瓦棒屋根から新規瓦棒屋根へのリフォーム2

まず古い瓦棒屋根材をすべて撤去して下地をやり直します。
ここでは下葺き材はアスファルトフェルト(黒いシート)を使用します。
アスファルトフェルトは高品質の含浸用アスファルトを十分含浸させたもので、防水性はもとより、防湿性、耐候性、耐薬品性に優れています。

瓦棒屋根から新規瓦棒屋根へのリフォーム3

そのアスファルトフェルトを敷く前に断熱材を敷き詰めます。
写真の灰色のロール状のものがそれにあたります。
これはソフトロンといって高い結露水保特量と断熱性に優れ、熱伝導率が低いので板金材との相性がとても良いものになります。
また遮音効果もあり薄い板金材に落ちる雨音の軽減にも効果を発揮します。

瓦棒屋根から新規瓦棒屋根へのリフォーム4

アスファルトフェルトの上にガルバリウム鋼板の瓦棒屋根材を取り付け完成となります。
この「瓦棒屋根」は勾配の緩い屋根でも施工対応をしているのでほとんどの屋根に取り付けることができる屋根材になります。

施工前の写真と比べてみてください。
外観が別の屋根のように劇的に変わりました。
また板金の質も亜鉛鉄板からガルバリウム鋼板に変わり遮熱性と耐久性も高まりました。

費用:お問い合わせください

※屋根の形状・勾配・周辺環境によって変動いたします。

事例1

事例1 before

before→after

事例1 after

事例2

事例2 before

before→after

事例2 after

事例3

事例3 before

before→after

事例3 after

事例4

事例4 before

before→after

事例4 after

事例5

事例5 before

before→after

事例5 after

事例6

事例6 before

before→after

事例6 after

  • お客様の声
  • 屋根リフォームの流れ
  • ドローン点検はじめました!
  • FAQ
  • 悪徳訪問販売業者が増えています
  • LINEで簡単に相談ができます!
屋根のことなら何でもお気軽にご相談ください

屋根のことなら何でも
お気軽にご相談ください

0120-945-251
メールでのお問い合わせ
LINE@はじめました

ページトップ
Pagetop

電話をする

メールでお問い合わせ

LINEで予約