屋根・外壁・雨樋の修理の補修
雨漏り診断や修繕・改修工事

東村山、東大和、小平、国分寺、西東京、東久留米、清瀬、新座、所沢を拠点に東京・埼玉に対応中!

  • 屋根専門の職人に直接相談
  • 職人さんに工事依頼ができるので、仲介料不要
  • 屋根の国家資格所有の職人がしっかり点検
  • 地域密着型の屋根屋さんなので迅速対応

0120-945-251

年中無休 24時間受付中

屋根専門の職人に直接相談

職人さんに工事依頼ができるので、仲介料不要

屋根の国家資格所有の職人がしっかり点検

地域密着型の屋根屋さんなので迅速対応

Instagramのアイコン

twitterのアイコン

facebookのアイコン

youtubeのアイコン

じもと屋根修理 運営会社:株式会社ウチノ板金

0120-945-251

年中無休 24時間受付中

瓦屋根からコロニアル屋根へのリフォーム

瓦屋根からコロニアル屋根へのリフォーム

瓦屋根からコロニアル屋根へのリフォーム1

こちらは瓦屋根からコロニアル屋根へのリフォーム画像になります。
築40年でひどく雨漏りをしているとお客様から連絡があり、現場に向かい屋根に上がって調査をしてみると屋根の上はフカフカ…

瓦屋根からコロニアル屋根へのリフォーム2

瓦材を剥がしてみると下地は穴だらけでかなり雨漏りをしているようでした。
特に瓦屋根は下地と下葺き材が命です。

瓦屋根からコロニアル屋根へのリフォーム3

地震の影響で瓦屋根は怖いという声をよく聞きますが、定期的なメンテナンスをしていればまったく問題はありません。
瓦は屋根にかかる比重が他の材料に比べありますが高断熱・高耐候なので日本の風土に合った材料の一つだと思います。

瓦屋根からコロニアル屋根へのリフォーム4

写真は瓦を撤去し野地板(コンパネ)を打ち付けたものになります。
コロニアル屋根を施工するにあたり下地はとても重要です。

瓦屋根からコロニアル屋根へのリフォーム5

コンパネを打ち付けた後は下葺き材を貼り付けます。
ここでは下葺き材のPカラーを貼りました。
この下葺き材はアスファルト質でできており多くの屋根に汎用されています。

瓦屋根からコロニアル屋根へのリフォーム6

最後にコロニアル材を葺いて完成となります。
美観もよく、とても軽量なので好評で日本で屋根材の中ではトップクラスのシェアの商品です。
またカラーバリエーションも多くシンプルなので多くの建物と相性が良いというのも特色です。

費用:お問い合わせください

※屋根の形状・勾配・周辺環境によって変動いたします。

事例1

事例1 before

before→after

事例1 after

事例2

事例2 before

before→after

事例2 after

事例3

事例3 before

before→after

事例3 after

事例4

事例4 before

before→after

事例4 after

事例5

事例5 before

before→after

事例5 after

  • お客様の声
  • 屋根リフォームの流れ
  • ドローン点検はじめました!
  • FAQ
  • 悪徳訪問販売業者が増えています
  • LINEで簡単に相談ができます!
屋根のことなら何でもお気軽にご相談ください

屋根のことなら何でも
お気軽にご相談ください

0120-945-251
メールでのお問い合わせ
LINE@はじめました

ページトップ
Pagetop

電話をする

メールでお問い合わせ

LINEで予約